顎関節症について

あごの仕組みについて

あごの仕組み

顎関節の構造

あごの構造
あごの構造

耳の穴の少し前の部分が顎関節。
手を当てて、口をパクパクさせると、動いているのがわかる部分。

側頭骨と下顎骨の間には、関節円板と呼ばれるクッションがあります。
このクッションが、骨と骨が直接こすれあうのを防いでいます。

*****

顎関節は、この関節円板によって、スムーズに動けるんですよ。
それは、あごを動かす時の、顎関節の面白い動きに関係しています。

顎関節は、前方滑車運動という、口を開けるとき、下あごが前方に移動しながら回転していく。
詳しくは、顎関節の動きへ

タイプ別・顎関節症

筋肉の障害

あごの筋肉
あごの筋肉

顎にかかわる筋肉が、緊張しすぎて硬くなった状態。
痛みがでたり、口が開きにくくなったりします。

一番多いタイプ。
歯ぎしりや食いしばりなどで悪化。
*筋肉についての詳細はこちら

関節包・じん帯の障害

顎関節がねんざした状態。
炎症が起こって、あごを動かすと痛い

関節円板の障害

関節円板が、本来位置からずれている状態。
あごを開けるとき「カクン」と音が鳴ったり、口を大きく開けにくくなります。

二番目にタイプ。
顎関節の動きはこちら

骨の変形による障害

関節部分の骨が変形した状態。
強い力が繰り返しかかったり、長時間かかった場合に変形しやすいです。

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る